読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎさのミーティング

忘れないで♪♪礼文島民宿なぎさの事

母さんとの再会 つづき

2014年7月久しぶりの朝一番のフェリーで礼文島に渡りました

 f:id:rebunalaskaswiss121:20160703002402j:image

2日間島で過ごし、その後バスで札幌まで、その日はおーちゃん宅にお世話になる事にしていましたので、そのまま千歳に移動しました。

 

明日は文夫さん宅におじゃまするため、夕方電話を入れたのです。

私は何も知らずに、いつもと変わらず電話をかけました。

信じられない言葉が文夫さんから帰ってきました。

「ビックリするなよ」と言われ

「母さん、亡くなったんだ」っと告げられたました。

私は、気が動転して、頭の中が真っ白になり訳がわからなくて、ただただ

「嘘でしょ、嘘やー、嘘やー」とばかり叫んでいました。

1週間前に電話で文夫さんと話した時、文夫さんは、「母さんいるよ」と言いました。あの日は母さんが亡くなった日で、施設から自宅に母さんを連れて帰った直後だったそうです。

偶然に私が虫の知らせのように、電話をかけたようでした。

実際に、母さんはあの時、部屋に居たのです。眠ったままで

 

文夫さんは、こう言いました。

これから礼文島に行こうと思っている時に、母さんの事を知らせられなかったと

亡くなった事を伝えると、行けないだろうと

私は、島で母さんに出会っていたのかも知れません。なぎさの玄関前に座り、ヘルパーの頃を思い出していました。

母さんに、「ちんちゃーん」と呼ばれている気がして、近くにいる感じがして、母さんの魂は礼文島に帰っていたのかも知れないと思いました。

 

次の日、母さんに会いに行きました。

あまりその時の事は覚えていませんが、泣いてばかりで、「母さん、母さんー」と呼び続けていました。

 

こんなにも、悲しい再会になるとは思いもしませんでした。ただ礼文島に行かなくてはと思ったのも、偶然ではなく必然

だったのかも知れません。

母さんに呼ばれたのかも知れません。

後からそう思えてなりませんでした。

 

母さん、久しぶりに会えましたね。

今はゆっくりと休んで下さい。

母さん頑張りましたね。

お世話になりありがとうございました。

皆んな母さんの事忘れていませんよ。

今度、礼文島に行ったら、会いに行きます。

「おかえり」と言って下さいね。

 

母さんが亡くなって、2年目の夏を迎えます。